24年の問題を解いてみて点数は39点でした。

なかなか悪くないなと思っていましたが、次に23年の問題を解くと35点とかなり怪しい点が出てしまいました。

正直問題の相性があるのは否めないと感じました。

意味が分からないという問題は無いのですが、最後の2択に絞って最後に裏をかかれてしまうというのが良くあるように感じます。

それはうろ覚えで、試験管は当然そこをつくように問題を作っているのです。

私が試験管でもそのように作ると思います。

つめがしっかりしてるか、つめが甘いかが生死を分ける点で試験管は完全にそこをついてきます。(これはTACの水野先生の受け売りです)

民法などはおおよその問題は雰囲気(常識)でも解けますが、規制などは完璧に覚えていないと解けないです。

とにかく直前のつめが大切とのことでしたので徹底して行って参りました。


本日の勉強時間 6時間

総勉強時間 72時間