1ヶ月宅建士

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)とは?

宅建、宅建試験は「宅地建物取引士資格試験」の略称で、毎年約20万人が受験する最大規模の国家資格です。試験は年に1回開催されます。宅建試験に合格すると宅建士として、不動産の売買や賃貸物件のあっせんをする際に、その土地や建物について専門知識を有していないお客様に詳しい説明をすること

1ヶ月宅建士

まとめ

色々と書いてきましたが、結論として私は過去問が大切であると感じました。また、過去問を解くに当たって出題者が何を聞きたいか何が問題か全て過去問に書いてあります。宅建は量が膨大だから、、、と言う方もいますが、過去問を解いている感じだと6-7割は過去問とほとんど似た問題、1-2

1ヶ月宅建士

21日目 統計についての動画を見る(試験当日)

最終日です。ここまで来たら今更バタバタ何をやっても意味がないので暗記科目の数字の確認と、統計についての動画を見て数字を抑えることにしました。試験会場に行くと、当日専門学校の人がこのようなパンフレットを配っていました。とても役に立ちましたのでぜひ貰っておいた方が良いと思いま

1ヶ月宅建士

16日目 平成25年(2013年)の過去問を解く

平成25年(2013年)の過去問を解きました。結果33点でした。以下、メモです。2.未成年未成年の婚姻は原則として父母の同意がいるが、一方が同意しない場合は一方の同意だけで足りる親権者が共同相続人の数人の子供を代理して遺産分割協議をすることは利益相反にあた

1ヶ月宅建士

15日目 平成26年度(2014年)の過去問を解く

平成26年度(2014年)の過去問題を解きました。結果31点でした。以下メモです。3.時効取引行為によって平穏にかつ公然と動産の占有を始めたものは善意無過失の場合、即時に行使する権利を取得する所有権は消滅時効にかからない占有取得には所有の意思が必要

1ヶ月宅建士

14日目 平成27年度(2015年)の過去問を解く

平成27年度(2015年)の過去問題を解きました。結果27点でした。以下メモです。1.複合消滅時効は債権は10年、債権と所有権以外の財産は20年2.抵当権抵当権の対象不動産が賃借地上の建物であった場合、特段の事情がない限り抵当権の効力は従たる権利である