宅建、宅建試験は「宅地建物取引士資格試験」の略称で、毎年約20万人が受験する最大規模の国家資格です。試験は年に1回開催されます。

宅建試験に合格すると宅建士として、不動産の売買や賃貸物件のあっせんをする際に、その土地や建物について専門知識を有していないお客様に詳しい説明をすることができるようになります。

宅建士の資格を持っていると、会社によりますが数千円~数万円程度の資格手当がついたり、不動産会社や金融機関への就職、転職に有利になりやすいと言われています。

受験費用

7,000円

試験日程

試験は毎年1回、10月の第3日曜日に実施されます。

2019年は10月20日(2018年は10月21日)

申し込み期間申し込み期間

一般的なスケジュールは7月1日~31日までの1ヶ月間です。簡易書留郵便で送付されたもので、消印が上記期間中のもののみ受付けます。 それ以外のものは受付けません。

(イターネットの申し込みは2019年7月1日(月)9時30分から7月16日(火)21時59分までです。)

スケジュール

7月 申し込み開始

8月 試験会場通知(送付)

10月 試験

12月 合格発表12月 合格発表

正確な実施スケジュールは公式サイトをご参照ください。

一般財団法人 不動産適正取引推進機構

http://www.retio.or.jp