まずは、マンガで全体のイメージを捉えることにしました。

Amazonのレビューを見たり、色々な方のブログを見ている中で次の2冊が良いかなと思い購入してみました。

 

・マンガ宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

マンガ宅建塾 2020年版【1000円以上送料無料】

価格:2,640円
(2020/5/10 22:07時点)

・うかる!マンガ宅建士入門

うかる!マンガ宅建士入門 2020年度版/宅建スピード合格研究会/此林ミサ【1000円以上送料無料】

価格:2,200円
(2020/5/10 22:20時点)
感想(0件)

この2冊を買ってみました。

1冊はkindleで、もう1冊は本で買いました。

とりあえずkindleで買った

・うかる!マンガ宅建士入門の方からすぐに読みはじめてみました。

Amazonのレビューでは

内容、ストーリーともに満足ですが、主人公の戸建があまりにお調子者すぎて、ところどころでイライラします。
ついでに『権利能力・意志能力・行為能力』に出てくる男性も、頭ごなしに妻を怒鳴りつけていて、なんだか時代錯誤に感じました。

などとありましたが、確かにお調子者でチープな感じでした。笑

ストーリー仕立てになっているので文字だけで読むよりはイメージが湧いて読みやすですが、1コマ1コマに文字が多すぎるように感じました。

また、全部で255ページあるのでお腹いっぱいになります。

前半は分かりやすかったのですが、後半から段々と話が複雑になっていき、内容も文字だらけになってしまい、わかったようなわからないような何とも言えない状態になりながら何とか読んでいきました。

とりあえず一通り読んでみましたが、全部を読み終わるのに約4時間かかりました。

とりあえず、ざっくりと内容のイメージは湧いてきましたのでこの日はとりあえずこれで終了しました。

次の日は

・年版 マンガ宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

が届きましたのでこれを読んでみました。

Amazonで3件しかレビューがないので何とも言えませんが、比較的高評価でしたので気になって買ってみました。

昨日のとは違い、こちらの方が4コママンガなので理解しやすく内容がスラスラ入ってきました。

個人的にはこちらの方が圧倒的に読みやすかったです。

また、これは個人的な意見ですがやはり内容を覚える時は紙の本の方が良いかなと感じました。

前日に別のマンガで簡単に知識をインプットしたお陰か、比較的内容も理解できました。

約3時間ぐらいで全部読み終わりました。

特に民法や宅地造成に関して全くイメージが湧かなかったのが絵になっていると比較的頭に入ってきやすかったです。

2冊買って読んでみましたがこちらの方が4コマで毎回オチまでついていて分かりやすかったので、こちらの4コマまんがだけで十分だと思います。


勉強時間  2日目:4時間 3日目:3時間

総勉強時間 7時間