宅建に必要な勉強時間(経歴別)

宅建士試験

宅建は国家資格の1つであり、合格するためにはまとまった勉強時間を確保することが必要です。

本記事を読むことで、宅建に必要な勉強時間や経歴別の勉強時間の目安が分かります。

宅建に必要な勉強時間はどれくらい?

宅建に合格するために必要な勉強時間は個人差があるものの、決して中途半端な勉強時間で合格できる難易度の試験ではありません。

実際に、宅建試験に合格するために必要な勉強時間や、学習期間について見ていきましょう。

目安は200〜400時間

宅建試験に合格する勉強時間の目安は、200〜400時間と言われています。

勉強時間にブレが生じているのは、初学者と元々知識を持っている人では勉強時間に差が生じるためです。

仮に400時間勉強すると仮定した場合、半年間で毎日2時間以上の勉強時間が必要となるため、社会人は平日の業務終了後や休日を上手く使って勉強を進めていく必要があります。

特に初学者の場合は、余裕を持った学習計画を立てて勉強を進めていくことが必要です。

半年程度の期間で勉強するのも良い

目安となる勉強時間が分かっているのであれば、ある程度長めに半年程度の期間をかけて勉強する方が合格率が高まると言われています。

その理由として、時間をかけた方が知識が定着しやすくなることが挙げられます。

宅建試験の出題範囲は非常に広いことが特徴であり、1つ1つの分野に穴を作らないように勉強していくことが合格への近道となります。

仮に短期間で集中して勉強時間を確保しようとした場合、知識が定着せずに試験に臨んでしまい、満足に回答できなくなるということが考えられます。

よって、半年程度の勉強期間を設定し、知識を定着させていくことが理想の学習方法だと言えます。

宅建合格に必要な勉強時間を経歴別に解説

宅建試験に合格するために必要な勉強時間は、不動産や法律に関する知識を持っているかどうかによって大きく異なってくることがあります。

実際に、どのような経歴によって勉強時間が異なってくるのか見ていきましょう。

初学者

初学者として宅建を初めて受験する場合は、目安となる勉強時間よりも多めに学習することをおすすめします。

その理由として、目安と言われている勉強時間は不動産業界や金融業界に勤めている受験者も含んでいるため、学習をスタートした段階で基礎知識に差が生じていることが考えられるためです。

また、初学者の場合は試験問題や解答に含まれる専門用語や法律用語を理解するための時間も必要となるため、最初は予想以上に学習を進める上で時間が取られてしまうことを覚悟しておく必要があります。

法学部

法学部に在籍している学生や法学部出身の社会人であれば、宅建業法や民法の分野を理解しやすく、勉強をスムーズに進められる場合があります。

特に、民法の分野は法律に関する専門用語が多く、基礎知識を習得するまで初学者が苦戦する分野です。

法学部出身者であれば基本的な知識は持っていることが多いため、理解に時間をかけずに他分野の勉強に時間を充てることもできます。

不動産関係者

不動産業界に関連する会社に勤務している人であれば、実務と紐付けて学習していくことが可能です。

例えば、不動産会社に勤務していれば、契約前後の流れや宅建士が行うことのできる業務について実務経験を元に学習していくことができます。

また、金融業界で働いている人も不動産関連の取引に関わる機会が多くあります。

特に、住宅ローンや不動産を担保に取る融資等に関わった経験があれば、実際に問題を解く中で自分の経験に基づいて判断することも可能です。

やり方によって勉強時間も変わる?

宅建に合格するために勉強を進める場合、勉強のやり方によって必要な時間が異なってくることも考えられます。

特に、初学者は間違った勉強法で長時間学習して、試験に合格できなかったケースがあることも事実です。

実際に、それぞれの勉強方法が持つ特徴についてみていきましょう。

独学

独学で勉強する場合、効率の良い学習ができず、想定していたよりも多く勉強時間が必要となることがあります。

独学の唯一のメリットはコストを抑えて学習できる点であり、学習効率は通信口座や資格スクールに通う場合と比べるとどうしても落ちてしまいます。

よって、自然と勉強時間も長時間化してしまうため、期間に余裕を持って学習を進めていくことが必要です。

通信講座

通信講座で勉強する場合、郵送されてくる教材や動画等のコンテンツを使って自分のペースで勉強を進めていくことになります。

通信講座を利用すれば、質の高い教材や動画を通して知識をインプットできるため、自分で学習計画を立てなくても効率よく学習していくことが可能です。

一方で、通信講座を利用する場合、独学と同様に自分1人で学習時間を決めて勉強しなくてはなりません。

よって、途中で挫折してしまったり、合格するために苦手な分野を克服するまで向き合うといった覚悟が求められます。

資格スクール

資格スクールに通って勉強する場合、学校や予備校と同様に講師から直接講義を受けることが可能です。

講師から直接学ぶことができるため、わからない箇所があればすぐに聞くことで解決することができます。

また、一緒に学習するメンバーが周りにいることも励みになることがあります。

日中は仕事で忙しい中であっても合格に向けて学習する人と多く出会えるため、モチベーションアップにも繋げることができます。

一方で、資格スクールに通う場合には受講料を用意することが必要です。

スクールによっては10万円以上の受講料が必要となるものもあるため、自分の予算と相談しながら入校を検討する必要があります。

まとめ

宅建は試験範囲が広い試験であることから、勉強時間の確保と効率よく学習することが非常に重要です。

特に、元々持っている知識によって、合格するために必要な学習時間が異なってくる試験でもあります。

自分の経歴や働いている業界で得た知識を元に、自分に合った勉強時間を割り出して効率よく学習を進めていきましょう。

関連記事