宅建に受かる人と落ちる人の特徴を挙げてみた

宅建士試験

宅建は取得することが簡単ではない資格の1つですが、人によっては1度目の受験で合格することもできる試験です。一方で、何度受験しても試験に落ちてしまう人がいることも事実です。

本記事では、宅建に受かる人と落ちる人の特徴について紹介し、宅建に落ちないためにやるべきことを解説します。

宅建に受かる人の特徴

宅建に受かる人には、いくつかの共通した特徴が見られます。

ここでは、実際に宅建に合格した人の特徴について紹介します。

不動産業界で働いている

不動産業界で働いている人の場合、宅建に受かりやすい傾向が強いです。

不動産業界で働いていると、実務経験と試験問題の知識を結びつけやすく、学習を効率よく進められることが多いです。

また、不動産会社に勤務している場合、会社から資格を取得することを求められることも多く、社内の評価を下げないためにも必死で勉強する人が多いことも合格率のアップに繋がっていると考えられます。

資格勉強の経験がある

宅建の他に資格勉強をした経験がある人も、宅建の合格率が高い傾向にあります。

資格勉強は難易度に関わらず、出題ポイントを抑えたり、効率よく得点できる分野を見極める力が求められるため、資格勉強の経験がある人は効率よく学習を進められる人が多いです。

また、他に保有している資格が宅建の範囲と被っていれば、基礎的な知識を備えた上で学習を進めることができるため、宅建を学習する中で分野を絞って学習することも可能です。

周りの人に受験することを公言している

宅建試験を受験することを周りの人に公言している人も、合格率が高い傾向があります。

試験に挑戦することを周りに宣言することで、周りから試験勉強の進捗を聞かれたり、合格したかどうかを気にしてもらえることがあるため、自分自身を追い込んで試験勉強に打ち込むことができます。

よって、宅建に挑戦する際には1人で誰にも言わずに隠れて勉強するよりも、なるべく周りの人に試験を受けることを公言した方が合格できる可能性も高いです。

宅建に落ちる人の特徴

宅建に落ちる人にもいくつかの特徴を見つけることができます。

何回か宅建を受験しているがなかなか合格することができない人は、自分が宅建に落ちる人の特徴に当てはまっていないか確認しておきましょう。

計画性に欠ける

学習を進めるにあたって計画性に欠ける人は、残念ながら宅建に落ちる可能性が高いです。

独学や通信講座を利用して学習を進める場合は自分で学習計画を立てる必要がありますが、毎日なんとなく目の前の分野を学習しているだけでは、試験前に学習が足りず焦ってしまうことがほとんどです。

このような事態を避けるためにも、「この日までにこの分野の学習を終わらせる」といった形で具体的な計画に基づいて学習を進めるようにしましょう。

独学にこだわっている

独学にこだわってしまうと、宅建に落ちてしまうことがあります。

独学は自分のペースで学習を進めることができ、費用もあまりかからないことがメリットですが、学習方法も自己流になってしまい、試験対策が不十分になってしまうことがあります。

費用をかけたくないという気持ちから、正しい勉強法を知らずに学習を進めることは効率が悪いため、独学にこだわり過ぎないことが大切です。

インプットばかりしている

学習においてインプットばかりを重視する人も、宅建に落ちる可能性が高いです。

試験勉強において、最初はテキストを読むことで問題を解くための知識をインプットする必要があるのは事実ですが、合格するためにはインプットよりもアウトプットの方が重要です。

インプットはテキストの内容を軽く読むだけでも十分であり、基本的にアウトプットに時間を割いた方が合格の可能性を高めることができます。

落ちる人にならないために

宅建に落ちる人の特徴について紹介しましたが、落ちる人にならないためにはどうすればいいのか疑問を抱く人もいるかと思います。

ここでは、宅建に落ちる人にならないためにやるべきことについて解説します。

資格スクールを利用する

資格スクールを利用することで、スクールの学習計画に基づいて正しい学習方法で試験勉強を進めることができます。

資格スクールでは合格に向けて必要な学習時間に基づいて学習計画を立て、効率の良い学習方法を提供してもらえます。

自分で学習計画を立てることが難しい人や、正しい勉強法がわからない人には特におすすめです。

アウトプットの時間を増やす

とにかくアウトプットの時間を捻出することで、試験合格の確率を上げることができます。

試験勉強をする上で、わからない問題があると知識が足りないと判断してテキストを何度も読み返してしまう人が多く見られます。

しかし、実際は問題を解きながらその都度テキストを見直す方が知識としても定着しやすいため、アウトプットの時間を十分に確保することがおすすめです。

まとめ

宅建は資格試験である以上、受かる人と落ちる人がいることは事実です。

しかし、正しい勉強法で学習計画に基づいて学習を進めることができれば、合格は決して不可能ではありません。

自身の勉強法に不安を感じる場合は、自分のやり方にこだわらず、資格スクールや周りの環境を利用するようにしましょう。

関連記事