【すきま時間用】宅建におすすめのマンガテキストと一問一答集

宅建士試験

宅建学習においてスキマ時間の活用は合格率を大きく左右します。

本記事では、宅建学習において隙間時間の活用が重要な理由と、スキマ時間で学習する上で使いやすいテキストについて紹介します。

宅建合格のためにスキマ時間が重要な理由

宅建に合格する上で、まとまった学習時間を確保することはもちろん重要ですが、スキマ時間を活用することで合格の可能性を更に高めることができます。

ここでは、宅建合格のためにスキマ時間を活用するべき理由について解説します。

まとまった時間がなくても勉強できる

スキマ時間を活用することで、まとまった時間が確保できなくても勉強を進めることが可能です。

社会人の多くは宅建の学習をする場合、仕事が終わった後や休日にまとまった時間を確保して勉強する人がほとんどかと思います。

しかし、仕事が忙しかったり、家族との予定があってまとまった時間を確保できないことも多くあります。

スキマ時間を活用すれば、移動時間や朝の始業前等にも勉強できるため、まとまった時間がなくても学習を進めることが可能です。

移動時間を利用できる

移動時間はスキマ時間として有効に活用することが可能です。

社会人として宅建試験に挑戦する場合、電車に乗って出勤している間や、通勤途中に歩いている際に一問一答集を解いたり、知識のインプットを行うことができます。

テキストを開くことが難しい時でも音声学習を進めたり、動画で講義を確認することで復習の時間に充てることができるため、移動時間は有効な学習時間と言えます。

勉強を習慣化できる

スキマ時間で学習を進めることで、宅建の勉強を習慣化しやすくなります。

宅建の学習において、学習を始めたての人ほど習慣化するまでに時間と労力を要します。

しかし、毎日のスキマ時間で5〜10分でも勉強をすることで、学習を習慣づけることが可能です。

毎日少しでも学習することが合格のためには不可欠であることから、最初はスキマ時間を活用して気楽に勉強することがおすすめです。

おすすめのマンガテキスト

ここではスキマ時間に読むことがおすすめなマンガテキストを紹介します。

宅建の学習を始めたばかりの段階で、それぞれの分野で問われる内容をシンプルに理解することができるため、活用してみてください。

日建学院『これだけ まんが宅建士』

日建学院の『これだけ まんが宅建士』は、2色刷りでシンプルな作りが特徴です。

内容としては、宅建試験で出題される内容が分野ごとにストーリー形式で紹介されており、初学者でも理解しやすいテキストとなっています。

宅建の学習が初めてであり、まずは全体の知識を網羅的に把握したいという人におすすめです。

日本経済新聞出版『うかる!マンガ宅建士入門』

日本経済新聞出版の『うかる!マンガ宅建士入門』は、全編カラーでマンガとしての質が高い点が特徴です。

多くのマンガテキストは漫画部分と解説部分で分かれているものが多いですが、このテキストは全編マンガであるため、読み手にとっても気軽に読み進めることが可能です。

住宅新報出版『マンガ宅建士はじめの一歩』

住宅新報出版の『マンガ宅建士はじめの一歩』は、20年以上の歴史があるマンガテキストの元祖と言える内容が特徴です。

ストーリー自体も学習に重きを置いた内容となっているため、マンガテキストにありがちな脱線も少なく、知識のインプットを最優先に行うことができます。

読むだけのテキストが苦手で、マンガを通して最短で知識を取り入れたい人におすすめです。

おすすめの一問一答集

最後に、スキマ時間に学習する上でおすすめの一問一答集を紹介します。

スキマ時間を使って1問でも解くことで簡単な復習もできるため、ぜひ活用してみてください。

TAC出版『わかって合格(うか)る宅建士 一問一答 セレクト600』

TAC出版の『わかって合格(うか)る宅建士 一問一答 セレクト600』は、各ページに3問ずつ一問一答が掲載されており、次々とページをめくって問題に回答していくことが可能です。

また、単行本程度のサイズであることから持ち運びがしやすく、電車や日中の昼休みといった移動先においても手軽にテキストをひらくことができます。

LEC『出る順宅建士 一問一答〇×1000肢問題集』

LECの『出る順宅建士 一問一答〇×1000肢問題集』は、オリジナルの一問一答が1,000問以上収録されていることが特徴です。

また、同様の問題が収録されているアプリを利用することもできるため、外出先でテキストを開くことが難しい場合でも知識のアウトプットを行うことができます。

U-CAN『ユーキャンの宅建士 これだけ!一問一答集』

U-CANの『ユーキャンの宅建士 これだけ!一問一答集』は、出題傾向に基づいて選ばれた過去問800問に挑戦することができます。

また、テキストの構成として見開きページの左側と右側に、それぞれ問題と解答が掲載されているため、問題を解きながら解答のポイントを随時確認していくことが可能です。

まとめ

宅建は試験範囲において問われる知識が多く、知識のアウトプットと復習を効率よく行っていくことが合格に向けて不可欠です。

特に、社会人はまとまった学習時間を確保しにくく、スキマ時間を有効活用することが合格の明暗を左右します。

最短の合格を実現するためにも、テキストを活用してスキマ時間の学習を積み上げていきましょう。

関連記事