不動産業界に向いている人・向いていない人の特徴とは?

不動産業界

不動産業界は平均年収が高い傾向にあり、就活生から高い人気を集める企業も数多く存在します。

しかし、不動産業界で働くには向き不向きがあることを理解することが必要です。

今回は不動産業界に向いている人・向いていない人の特徴をみていきましょう。

不動産業界に向いている人の特徴

不動産業界に向いている人は、業界内で活躍できる可能性も高いと言えます。

また、不動産業界は激務と言われるような職場も多く、業界に向いている人でなければ活躍することが難しい世界です。

しかし、激務に耐えながら職場で成果を挙げることができれば、得られる報酬や社会的地位は同年代の他業界の人よりも高くなる傾向もあります。

まずは、自分が不動産業界に向いているか確認していきましょう。

体力のある人

不動産業界で働く場合、体力に自信がある人の方が望ましいです。

不動産業界は長時間労働になる割合が高く、顧客向けの資料等を準備するために日付が変わるような時間まで残業することもあります。

そのため、睡眠不足等によって十分な休みが取れない状態でも働き続けられる体力が求められます。

また、肉体的な体力はもちろんですが、精神的な体力も重要です。

不動産業界は毎期ノルマを与えられた上で営業活動を行うことになるため、ノルマに到達できなかった場合は上司から圧力をかけられることが多くあります。

プレッシャーを受けながら働き続けることになるため、精神的にも強さを求められる環境で耐え続けるメンタルが必要だと言えます。

社交性がある人

不動産業界で働く場合、社交性は必須の能力です。

不動産会社に就職する人のほとんどは営業職として配属されることになります。

営業職である以上、不動産業界に限らず他人と円滑なコミュニケーションを取ることができる社交性はなくてはならない能力です。

特に、不動産営業の場合はお客様と長く付き合うことになる傾向が強い傾向にあります。

例えば一戸建てを購入しようと考えているお客様の場合、契約前の条件のヒアリング、予算のすり合わせ、契約後のアフターフォローのようにさまざまな場面で一人のお客様と接することが必要です。

いかに相手の懐に入り込んでニーズを聞き出すかということも必要になるため、社交性がある人の方がスムーズに営業活動を行えると言えます。

勉強するのが苦ではない人

不動産業界に就職した場合、さまざまな勉強をする必要があります。

多くの人が入社後に取得することになるのが宅建士の資格です。

宅建士の資格の有無によって給与体系が異なる会社もあるため、遅くとも入社1年目の最初の試験で合格できるように、仕事の合間や帰宅後に時間を作って勉強することになります。

不動産業界は体力的にも消耗することが多いため、普段の業務に加えて苦手な勉強もすることが大きな負担になる可能性に注意が必要です。

また、資格の他にも業界内のトレンドや世間のマイホームに対する認識の変化等にも気を配る必要があります。

経済情勢等に連動して世間の持ち家に対するイメージは変化し続けているため、ニーズや流行を捉えながら営業活動に活かしていくことが必要です。

不動産業界に向いていない人の特徴

不動産業界に向いていない人が不動産会社に就職すると、早期退職をしてしまったり精神面で大きな負担を感じてしまうことが考えられます。

特に不動産業界は成果主義の企業も多いことから、短期的に結果を出すことも求められることが多い業界です。

自分の性格や周りの人間からの印象を分析し、自分自身が不動産業界で活躍できそうかどうか考えてから就職を決断するようにしましょう。

人と接するのが苦手な人

人と接することが苦手な人は、不動産業界に入っても苦労してしまう可能性が高いです。

不動産業界ではお客様だけでなく、多くの関係者とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことが必要です。

具体的には、会社の上司、建築会社、住宅ローンを契約する銀行等が挙げられます。

初対面で話をすることになる人も多いため、人と接することが苦手な人の場合は毎回ストレスを感じながら仕事と向き合うことになってしまいます。

人と密にコミュニケーションを取るよりも、一人で黙々と作業を進められる方が好きだと感じる場合は、不動産会社への就職は再検討した方が無難です。

確証のない話をする人

不動産業界で働く場合、確かな根拠やデータに基づいて話をしていく必要があります。

理由として、不動産業界ではさまざまな法律によって説明義務等がある点が挙げられます。

実際に、契約段階においても宅建士の資格を持つ人間から法律で定められた事項について説明することは不動産業者の義務です。

そのため、あいまいな説明や説明すべき点が漏れてしまった場合、法律に違反してしまうことになるため、確証を持って話を進めることが求められています。

また、お客様に対して家の状態や設備について説明する際にも、確実な情報を伝える必要があります。

万が一、不確かな情報を伝えたことによって契約後に不具合等が生じた場合、トラブルに発展してしまうリスクもあることから憶測で情報を提供しないように注意が必要です。

まとめ

不動産業界は肉体的にも精神的にもハードという印象を持つ人も多い業界です。

しかし、自分の結果が収入や昇格にすぐに反映されるため、人によって大きなやりがいを得られる業界でもあります。

やりがいを感じることができれば、不動産業界に対しても魅力的な業界であると感じることが可能です。

自分自身と不動産業界に向いている人の特徴を理解し、不動産業界への就職を検討するようにしましょう。

関連記事