【最短攻略者向け】宅建でおすすめの通信講座3選

宅建士試験

通信講座は資格予備校に通うよりも低コストであり、独学よりも効率良く学習を進められることから、多くの受験者が利用しています。

本記事では、通信講座を受講することで得られる効果について詳しく解説していきます。

通信講座を利用するメリット

宅建を学習する場合、独学ではなく通信講座を利用して勉強を進めることも可能です。

通信講座は独学にはない動画による講義や、良質な参考書を使って学習を進めることもできます。

ここでは、通信講座を利用して学習するメリットについて紹介します。

学習場所や時間を選ばない

通信講座を利用する場合、学習場所や時間を選ばずに勉強を進めることができます。

最近では通信講座の講義をスマホでも閲覧しやすくしているものが多く、スマホを使って好きな場所でインプットすることが可能です。

特に社会人はまとまった勉強時間を取りにくいため、自分の好きな時間に少しずつインプットできる通信講座が利用しやすいと言えます。

苦手箇所の講義を何度も視聴できる

通信講座であれば、苦手だと感じている分野の講義内容を何度も見返すことが可能です。

資格スクールに通っている場合でも講師に講義内容について質問することはできますが、質問できる時間が限られています。

よって、講義内容を自分のペースで復習したい場合は通信講座の方が適していると言えます。

講師に対して質問ができる

通信講座を利用することで、講師に質問するサービスを利用することができます。

これは資格スクール通っている人と同様に、個別の質問に対して回答をもらうことができるサービスです。

独学で学習している場合、分からない箇所があってもすべて自分で解決する必要があるため、専門知識を持っている講師からサポートを受けたいと考えている人は通信講座の受講をおすすめします。

通信講座を利用するデメリット

通信講座を利用する場合、デメリットについても把握しておく必要があります。

特に、多くの通信講座は返金を受け付けていないものが多いため、申し込み後に後悔しないようデメリットについて確認しておきましょう。

独学よりコストがかかる

通信講座を利用する場合、独学で勉強するよりもコストがかかります。

利用する講座によっては10万円以上のものもあるため、独学する場合とコスト面に大きな差が生じます。

社会人であればコスト面のデメリットは大きな問題とはなりませんが、学生で通信講座を受ける場合は自分自身の経済面と相談しながら通信講座の申し込みを検討することが必要です。

学習計画を自分で立てる必要がある

通信講座を利用する場合、毎日の勉強時間や学習スケジュールを自分で決める必要があります。

ある程度の目安となる計画は提示されるものの、毎日何時間勉強して、この日までにこの分野を終わらせるといった細かい計画は自分で立てなくてはなりません。

また、自分で学習計画を立てることに不安を感じる人は通信講座ではなく、資格スクールに通うことがおすすめです。

宅建学習におすすめの通信講座3選

最後に、宅建学習におすすめの通信講座を3つ紹介します。

いずれも宅建学習において人気の高い通信講座であり、多くの人に利用されている実績があります。

ここでは、それぞれの講座が持つ特徴について解説していきます。

フォーサイト

フォーサイトは、他の通信講座と比べても受講者の合格率が高く、教材・講義の満足度が高い点が特徴です。

講義を行う講師の評判も高く、メリハリのある話し方で内容を理解できるという声が受講者からも多数聞かれています。

また、フォーサイトを受講して合格することができなかった場合、講座代を全額返金してもらうことが可能です。

返金保証があるおかげで、講座内容が自分と合わないリスクを考えずに申し込むことができます。

アガルート

アガルートは、通信講座の中でも低価格で受講可能であり、受講者からの質問も何度でも行うことができます。

コスト面を考慮して独学するか迷っているという人には特におすすめの講座です。

また、アガルートの通信講座の特徴として、宅建に合格すれば通信講座の料金が全額偏諱される点が挙げられます。

合格すれば料金が戻ってくるため、実質無料で学習することも可能です。

クレアール

クレアールは、開講歴が50年以上と長く、資格予備校並のサポート体制を完備していることが特徴です。

開講歴が長いことから在籍している講師もベテランが多く、宅建試験に臨む上で抑えておくべきポイントや、心構えを直接聞くことができます。

また、通信講座の中では珍しく都内に校舎を構えているため、近くに住んでいれば疑問に感じている分野について直接質問することも可能です。

まとめ

通信講座は、まとまった学習時間を取りにくい社会人が宅建の試験対策を行う上で有効な手段です。

1人で学習を進める必要がある分、途中で挫折する可能性もありますが、合格するためには毎日確実に少しずつ学習していくしか方法はありません。

通信講座を活用してしっかりと試験対策を行っていきましょう。

関連記事