宅建とのダブルライセンスにおすすめの資格を解説

宅建士試験

宅建は他の資格とダブルライセンスとして保有することで大きな効果を発揮する資格です。

本記事では、宅建を取得した人にダブルライセンスをおすすめする理由と、ダブルライセンスとして取得することがおすすめな資格を紹介します。

宅建とのダブルライセンスがおすすめな理由

宅建は他の資格とダブルライセンスとして保有することで、対応できる業務の幅を広げることができます。

ここでは、宅建とダブルライセンスとして資格を保有するのがおすすめな理由を解説します。

試験内容が被ることがある

宅建は試験内容が広く、他の資格試験の内容と被る分野が多いことが特徴です。

宅建には不動産や民法、税金等の知識が問われる問題が出題されており、それぞれの分野に関して基礎的な知識を学習することができます。

特に、民法に関する知識は他の資格試験でも必要となることが多く、考え方を理解しているだけでも問題を理解するスピードが変わります。

よって、宅建の学習を通して得た知識を他の資格試験にも応用しやすく、学習を効率よく進めることが可能です。

独立しやすくなる

宅建の他にダブルライセンスとして資格を取得することで、独立しやすくなるメリットもあります。

宅建士の資格を取得した場合、実務経験を積んで不動産会社を設立して独立する人も多くみられますが、ダブルライセンスとして資格を複数保有していれば請け負うことができる仕事の幅も広がります。

独立する上で仕事の幅を増やすことはそのまま収入の増加にも繋がるため、独立時の不安を軽減することが可能です。

転職や就職に有利

ダブルライセンスとして複数の資格を保有していれば、転職や就職時にも評価を上げやすくなります。

宅建士の資格を取得していることで不動産業界への就職時に有利となることはもちろんですが、民法等の法律に関する基礎的な知識を保有していることの裏付けにも繋がります。

よって、転職や就職時に幅広い業務に対応できることをアピールしたい場合は、宅建士に加えて他の資格も保有しておくことがおすすめです。

ダブルライセンスにおすすめな資格5選

ここでは、宅建士に加えてダブルライセンスとして取得することがおすすめな資格を紹介します。

宅建士の取得後に新たな資格の勉強をしたい人や、宅建の試験対策と並行して別の資格も取得したいと考えている人は参考にしてみてください。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)は宅建士との相性が良い資格の1つです。

FPの出題範囲には不動産や税金、保険、資産運用といった分野が含まれており、不動産関連の業務において必要となる知識を習得することができます。

特に、FPの試験において問われる不動産分野の問題はほとんどが宅建試験の問題と被っており、効率よく学習を進めることが可能です。

マンション管理士

マンション管理士は、マンション管理における規約の作成や修繕計画等へのアドバイスを行う資格です。

宅建士とのダブルライセンスとして保有することで、マンションの販売から管理面の業務もすべて請け負うことができます。

マンション関する専門性を販売や契約、管理面から取得することができるため、専門知識を習得した上で、対応できる業務の幅を広げることが可能です。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、その名の通り不動産の評価を行うことができる資格です。

宅建と不動産鑑定士の試験にはそれぞれ建築基準法や都市計画法に関する分野が重複して出題されるため、学習を進めやすいことが特徴です。

また、宅建士は不動産の販売や賃貸契約を行う場合、価格設定のために不動産の経済的な価値を評価する必要があります。

不動産鑑定士の資格を保有していれば不動産評価から契約までの業務をすべて引き受けることができるため、業務の幅を広げることが可能です。

土地家屋調査士

土地家屋調査士は、主な業務として不動産の面積や形状を計測して登記申請を行うことができます。

宅建士として自身の会社を立ち上げて新築不動産を販売しようとした場合、登記申請を行う必要があります。

この場合、登記申請を外注する不動産会社も多くみられますが、土地家屋調査士との大ブルライセンスとして資格を持っていれば、登記から販売まですべて自社で行うことが可能です。

司法書士

司法書士は登記に関するあらゆる業務を専門としている資格です。

不動産会社として不動産の販売を行う場合、不動産の権利の移転に関して登記を行う必要があります。

宅建士とのダブルライセンスで資格を保有していれば、重要事項の説明から不動産登記に関する業務まで引き受けることができるため、幅広い業務を請け負うことが可能です。

まとめ

宅建士は単独で保有しているだけでもさまざまな場面で役に立つ資格です。

しかし、宅建士に加えてさらに他の資格も取得できれば、不動産業界において自身の活躍の場を増やすことにもつながります。

余裕があればダブルライセンスとして相性の良い資格を選んで、新たに学習を進めることで対応できる業務の幅を広げることも検討してみましょう。

関連記事