【不動産投資】新築・中古・一戸建て・区分の違いとは?

不動産投資

不動産投資を始める場合、さまざまな投資手法があることを理解する必要があります。

それぞれの投資手法のメリット・デメリットを確認しながら、どのような投資手法があるのかみていきましょう。

不動産投資の種類

不動産投資には複数の投資手法があり、それぞれ必要な資金や得られる利益も異なります。

また、それぞれの特徴を理解せずに投資を始めてしまうと自分の資金以上に損失を被ってしまうことも考えられます。

そのような事態を防ぐためにも、4種類の投資手法のメリット・デメリットについて確認していきましょう。

新築不動産投資

新築不動産投資は、基本的に銀行から融資を受けて新築のアパートやマンションを運用する投資手法を指します。

最もメジャーな不動産投資の方法であり、建築時の全額を融資してもらうオーナーが大半です。

最近では相続対策にも用いられるケースもあることから、運用益を得られる以外にも多数のメリットを持っている手法と言えます。

メリット

新築不動産投資の場合、物件の状態もベストであることから高い家賃収入を見込めることがメリットとして挙げられます。

アパート等を借りる際と同様に、新築物件の方が家賃を高く設定できるため、得られる運用益も大きくなります。

また、減価償却によって費用計上できることもメリットの1つです。

特に、相続対策で不動産投資を行っている場合は費用計上することで税金対策としても大きな効果を期待できます。

デメリット

新築不動産投資の場合、始めるにあたってまとまった資金が必要である点がデメリットとして挙げられます。

新築の物件を建設または購入することになるため、アパートやマンションを問わず価格は高くなる傾向が強いです。

最初から資金を用意できる人も限られてくるため、投資初心者や自分の資産状況よりも著しく高額な投資は避けるべきだと言えます。

中古不動産投資

中古不動産投資では、中古のアパートやマンションを用いて運用を行います。

新築よりも低価格で物件を購入することが可能であり、その分得られる家賃収入も低くなる傾向があることから、ローリスクローリターンな安定志向の手法と言えます。

新築不動産投資にはないメリットもあるため、新築のメリットと比較しながら検討していきましょう。

メリット

中古不動産投資の場合、元手が少額でも投資を始めやすい点がメリットとして挙げられます。

新築不動産やマンション投資に比べると少額から購入できる物件が多く、不動産投資初心者でも始めやすい投資手法です。

また、リフォームやリノベーションによって不動産の価値を向上させることも可能であり、オーナーの好みを反映させた物件を用いて運用することもできます。

デメリット

中古不動産投資では、物件の耐用年数が減少していることで銀行から融資を受けにくいという点がデメリットとして挙げられます。

銀行から融資を受けて不動産投資を始める場合、対象物件が担保として十分な価値を持っていることが必要です。

中古不動産の場合は築年数も経過していることが多いため、融資が受けられず現金で購入することになる可能性が高い点に注意しておきましょう。

一戸建て投資

一戸建て投資は、所有している戸建て住宅を賃貸にまわすことで家賃収入を得る投資手法です。

アパート投資や区分不動産投資に比べると投資手法としてメジャーではないものの、競争相手も少ないことからアパート投資以上の利益を得られる可能性も持っています。

メリット

一戸建て投資の場合、土地と建物をセットで資産として所有することができるため、資産価値を維持しやすい点がメリットとして挙げられます。

一般的に、建物が著しく老朽化していない限りは土地だけを売却しようとするよりも建物も併せて存在する土地の方が価値が高く判断されます。

よって、投資をリタイアする際にも土地と建物をセットで資産として評価してもらうことが可能です。

デメリット

一戸建て投資のデメリットとして、入居者の需要が低い点が挙げられます。

世間的にも、戸建てに住みたいと考える人の多くはマイホームを購入するまでアパートやマンションに住むことが多く、賃貸住宅の戸建てに住みたいという需要は決して高くないです。

よって、入居者が見つからずに家賃収入を得られなくなってしまう可能性もアパート投資より高い点がデメリットと言えます。

区分不動産投資

区分不動産投資の代表例として、マンションの1室を投資にまわす手法が挙げられます。

具体的には、マンションの1室を購入して賃貸へとまわすことで家賃収入を得る手法です。

部屋単位で購入できるため、購入物件として候補となるものも多く、自分の予算やその他条件に合わせて投資物件を選択していくことが可能です。

メリット

マンションによっては少額から投資できる点がメリットとして挙げられます。

区分不動産投資の場合、マンション1室から投資を始められるため、土地購入資金がなくても自分の不動産として運用することができます。

また、周辺エリアの開発が進むことでマンションの価値が上がることもあるため、家賃収入だけでなく、売却益を狙う投資手法で運用することも可能です。

デメリット

区分不動産投資の場合、1室しか物件を所有していないため、空室による影響を大きく受けてしまうというデメリットがあります。

例えばアパート1棟を所有していれば1室に空室が出ても家賃収入の金額に大きな影響はないです。

しかし、マンション1室しか所有していない状態で空室となってしまった場合、家賃収入がゼロになってしまうためというリスクがあります。

まとめ

不動産投資には複数の投資手法があるため、元手となる資金が少なくても無理のない範囲からスタートすることが可能です。

不動産投資に興味を持ったら、まずは少額でも始められる投資手法から始めることで知識や経験を積んでいくようにしましょう。

関連記事