不動産業界はモテる?モテる会社とモテない会社を解説

不動産業界

不動産業界は高年収のイメージも強く、世間一般的にモテるサラリーマンが多い印象を持たれがちです。

実際に、不動産業界に就職すればどんな職種でもモテるようになるのか詳しく解説します。

不動産業界はモテるのか

不動産業界で働く人は、高年収でコミュニケーション能力が高い人も多いことからモテると言われています。

しかし、一言で不動産業界といってもさまざまな業態が存在するため、一概にすべての職種がモテるとは言い難いのが現実です。

特に、会社の規模によっては不動産業界で働いていてもモテると実感できないことも考えられます。

実際に、モテる不動産会社とモテない不動産会社に分けて、それぞれのモテる・モテない理由について見ていきましょう。

モテる不動産会社

モテる不動産会社は、誰もが耳にしたことのある会社や、圧倒的な高収入を実現できる会社である場合がほとんどです。

基本的に、不動産業界以外の業界で働いている女性にも分かりやすく魅力として伝わるのが知名度と収入です。

知名度の高い不動産会社に勤務していれば、大企業に勤めるエリートサラリーマンという印象を与えることができます。

また、収入は数字で簡単に表すことができるため、明確な指標として女性に伝えることができます。

よって、モテる不動産会社に就職したい場合は、上記の2点を意識しておくことが重要です。

デベロッパー

デベロッパーはモテる不動産会社の代表格です。

財閥系デベロッパーである「三井不動産・三菱地所・住友不動産」や、「東急不動産・野村不動産」といったテレビCMで耳にしたことのある企業も大手デベロッパーです。

デベロッパーに勤務している人であれば、単純に大企業に勤めているというだけでモテやすくなる可能性が高いです。

また、デベロッパーに勤務している場合、大規模なプロジェクトに関わるチャンスも多いことが特徴です。

よって、仕事内容について聞かれた際にスケールの大きさに驚いてもらえる機会も少なくない点も魅力的に映る点だと言えます。

不動産投資法人

不動産投資法人の場合、同年代ではトップクラスの収入を手に入れることでモテる可能性があります。

不動産投資法人の給与体系は、歩合制の割合を高く設定している会社が多く、結果を出すことができれば20代でも1,000万円以上の年収に到達することが可能です。

女性から年収について聞かれた際には、相当驚いたリアクションを見られることも多く、強いインパクトを残すことができます。

また、普段から富裕層を含むさまざまなお客様と会話することになるため、初対面の女性に対しても物怖じせず話ができる人が多いことも不動産投資法人に勤める人の特徴です。

モテない不動産会社

モテない不動産会社は、基本的に知名度が低く、扱っている商材も小規模なものが多い傾向が強いです。

商材が小規模な業種は営業利益も小さくなる傾向にあるため、給与として従業員へ還元される金額も高額になりにくいのが事実です。

実際にそれぞれの不動産会社の特徴を理解し、モテたいという願望があればモテない不動産会社を選ばないように注意しましょう。

不動産仲介会社

不動産仲介業者は、不動産を探している人と不動産を所有している人をつなぐ企業全般を指します。

具体的には、マイホームを建てようとしている人に提案を行う不動産販売や、アパートを探している人との契約を仲介する賃貸仲介業等が挙げられます。

賃貸仲介業はCMや駅周辺でも数多くの店舗が並んでいるため、知名度自体は決して低くありません。

しかし、平均年収は不動産業界内でも低い傾向にあり、女性からは魅力的に映りにくい職種であると言えます。

一方で、不動産販売業はノルマが設定されている企業も多く、目標を達成すれば高収入を得ることも可能です。

不動産仲介会社に勤務しながらモテたいと考えている場合は、歩合制の会社で販売ノルマを達成することで希望を叶えることもできるといえます。

1R屋

1R屋は「ワンルーム屋」の略称であり、ワンルームの物件等を主に扱う不動産会社を指します。

不動産業界の職種としてはあまりメジャーではないため、女性からもモテるとは言い難いです。

また、扱う商材も不動産投資用のワンルームマンションに限定されていることが多く、地道なテレアポや営業活動が業務内容の大半を占めています。

最近では、ワンルームマンションへの投資自体がハイリスクであると敬遠されがちであり、衰退しつつある企業が見受けられるのも事実です。

1R屋として働きながら女性からモテたい場合は、自分の仕事内容のスケールを大きく見せるような話術で気を引くことも必要になってくると言えます。

まとめ

モテる不動産会社とモテない不動産会社を比較することで、それぞれの特徴を理解することができたかと思います。

年収や知名度は就職する会社によって決まるため、入社後に自分自身が努力を重ねても現状を打破することは相当難しいのが事実です。

また、モテない不動産会社に勤めている間にも不動産に関する知識や経験は蓄積されていきます。

どうしてもモテたいと考える場合は、経験を活かしてモテる不動産会社への転職も視野に入れて活動してみましょう。

関連記事