MENU

従業員目線で不動産業界の転職先ランキングを紹介(Vorkersの評価)

  • URLをコピーしました!

不動産業界は土地や建物などの不動産を活用して事業を展開しています。1回の取引で大きな金額が動くので、社員の給与水準も高く、転職先として人気があります。

一方で、業界が過当競争であり、社員も体育会系が多いことから、比較的大変な業界として認識されています。しかし、不動産業界では、待遇の良さと働きやすい環境を両立している会社がたくさんあります。

この記事では、社員口コミサイトVorkersの評価を基に不動産業界の転職先ランキングを紹介します。

目次

不動産業界の転職先ランキング

社員口コミサイトを運営しているVorkersでは、不動産業界の転職先について、以下の項目で評価しています。

  • 待遇面の満足度
  • 社員の士気
  • 風通しの良さ
  • 社員の相互尊重
  • 20代成長環境
  • 人材の長期育成
  • 法令順守意識
  • 人事評価の適正感

これらの項目での評価を基に総合評価が採点されています。Vorkersで総合評価上位にランキングしている企業の多くが、他のランキングサイトでも上位にランクインしていますので、ぜひ参考にしてみましょう。


三井不動産

三井不動産はオフィスビルや商業施設、ホテル、物流施設など多様な不動産商品を扱う総合デベロッパーです。代表的なプロジェクトには、「東京ミッドタウン」、「ららぽーと」、「三井アウトレットパーク」、「三井ガーデンホテルズ」などがあります。

Vorkersの評価 では、総合4.47/5とすべての企業のなかで上位1%に入っています。1941年設立の歴史ある日本の大企業ですが、「風通しの良さ」についても評価が高く、働きやすい会社と言えそうです。2021年3月期の有価証券報告書によれば、社員の平均給与は1,273万円となっており、待遇面でも日本トップクラスです。女性の管理職を増やす取組を進めており、女性としても働きやすい職場と言えます。

②株式会社不動産SHOPナカジツ

株式会社不動産SHOPナカジツは不動産業界の中で「普通じゃない会社」を掲げています。同社は不動産コンサルティング業を主力事業としてますが、リフォーム事業や新築住宅事業、アセット事業など不動産関連の事業を多数経営しています。成長を続ける企業としても有名で2008年に約8億円の売上高は2012年に約10倍の39億円、2020年には238億円を記録しています。

株式会社不動産SHOPナカジツは業務効率化や全社横断型の働き方への取組が評価され、従業員の健康に配慮している企業に授与される健康経営優良法人2022を受賞しています。Vorkersでは、総合4.44/5と上位1%にランクイン。待遇面こそ大手に劣るものの、「風通しの良さ」「社員の士気」などが非常に高いです。


③三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産レジデンシャル株式会社は三井不動産グループの一員であり、住宅開発事業を運営しています。具体的には主に賃貸住宅についてオーナーの不動産活用をサポートして、運営管理を担っています。

三井不動産レジデンシャル株式会社はVorkersにおいて、総合4.38/5とすべての企業のなかで上位1%に入っています。「風通しの良さ」「社員の士気」などの項目が高く、大企業傘下ながら、働きやすい職場ということがわかります。三井不動産と比べると、入社のハードルは高くないものの、給与面や休暇などの福利厚生が充実しており、社員の満足度は総じて高くなっています。「人の三井」と言われるように上司・同僚ともに尊敬できる人が多いという意見がありました。

④株式会社コスモスイニシア

株式会社コスモスイニシアは大和ハウスグループの一員として、「ファシリティ事業」と「建築事業」を運営しています。ファシリティ事業では、ベンチャー企業から外資系企業までのオフィスの内装設計を手掛けています。建築事業では、スポーツ施設やアパート、保育園など多様な不動産の設計、施工を行っています。不動産業界での評判も高く、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「グッドデザイン賞」を20年連続受賞しています。

株式会社コスモスイニシアはVorkersにおいて総合評価4.33/5を獲得しています。待遇面、社員の士気、社内の風通し、成長環境などの項目で高い評価を受けています。


⑤プロパーエージェント株式会社


プロパーエージェント株式会社は2004年に創業した比較的新しい投資用不動産の総合デベロッパーです。資産運用型の不動産を販売し、購入者の資産運用をサポートしています。業績は好調で、2016年に94億円だった売上は2022年には351億円まで伸びています。不動産業界では初となる19期連続の増収増益を記録しています。

従業員からの評価も高く、2016年には平成版働きがいのある会社の「不動産・住宅部門」で第1位、2017年には平成版働きがいのある会社の「全業種」でも第5位となっています。Vorkers では、総合評価4.25/5と非常に高い評価を受けており、風通しの良さと成長できる環境を両立している会社として知られています。


まとめ

この記事では、社員口コミサイトを運営するVorkersの評価を基に不動産業界の転職先ランキングを紹介しました。

不動産業界は取引金額が大きく、給与を含む福利厚生が手厚いことで知られる業界なので転職先としては人気となっています。その一方で、伝統的な企業が多く、高いノルマ設定などから敬遠する人も多いのが現状です。

この記事で紹介した企業は待遇面と働きやすさを兼ね備えた不動産会社です。風通しや社員の士気が高いだけではなく、給与水準も高いので、転職先として大変おすすめです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

金融機関に10年勤務。2018年宅建士合格。不動産投資歴10年。マンション1棟、タワーマンション、一軒家投資2軒を経験。

目次
閉じる