MENU

転職サイトが一番?不動産業界の転職先の探し方

  • URLをコピーしました!

これから不動産業界へ転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

新卒で就職したときは、学校が就職活動を支援してくれたり、相談窓口で相談ができたりしましたが、転職するときは自分で探すなどの活動が主流になることが多くなります。

転職をサポートしてくれるセミナーやアドバイザーを探そうと思っても、面倒だったり大変に感じたりする方は多いようです。

そこで今回は、手っ取り早く転職先を探すために、転職サイトを使った探し方のコツやおすすめポイントを解説していきます。

これから不動産業界で働きたい方は、探し方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

不動産の主な仕事内容とは

不動産の仕事には様々なものがあります。

これから不動産業界への転職を考えている方は「どんな仕事があるの?」と気になるのではないでしょうか。

ここでは、不動産の仕事の中で主な3つの仕事をご紹介します。

売買仲介営業

売買仲介の仕事は、その名の通り土地や家を売りたい方と買いたい方をマッチングする仕事です。

まず不動産を売りたい方から依頼を受けて、妥当な売値を査定します。売りたい方と媒介の契約を交わしたら買いたい方を探します。

そして買いたい方を見つけたら売買契約を交わし、引き渡しを行います。

つまり、この引き渡しまでの期間を「お手伝い」する仕事なんです。

賃貸仲介営業

賃貸仲介の仕事は、いわゆるアパートやマンションのお部屋を借りたい方や、事務所やテナントを借りたい方のために、お部屋やテナントを紹介する仕事です。

部屋を借りたい方からの問い合わせを受けたら、お部屋の案内を行います。

借りたい方が部屋を気に入って申し込みを行い、契約引き渡しまで完了すると仲介手数料をもらうことができます。

特に引っ越しシーズンの2月~3月が一番の稼ぎ時のため、この時期が一番忙しくなります。

賃貸管理

賃貸管理は、アパートやマンションの大家さんから物件を預かって管理をしていく仕事です。主な仕事内容は以下の通りです。

・入居者の募集

・家賃の集金

・クレームの対応

・退去後のリフォーム段取り

大家さんがする仕事を、代わりにしてあげる仕事です。

会社によってどこまで対応するかは違い、大家さんと協議して管理範囲を決めます。

転職先の求人の探し方

転職先を探すときに、様々な方法があります。

ひと昔前だと、求人チラシや新聞の求人ページ、求人雑誌などの紙媒体が主流でした。

近年ではネットが主流になっているため、ほとんどの方がネットを使って求人を探しています。

ここでは、求人探しを行う3つの方法を細かく紹介します。

転職情報誌

タウンワークなどの紙媒体を使って求人情報を見つける方法です。

コンビニや駅などに置かれていて、0円で手に入れることができます。

アルバイト情報が掲載されているイメージがある方も多いですが、正社員や転職者向けに情報が載っています。

どこにでも置いてあるので、気軽に利用できます。

ハローワーク

ハローワークでも転職活動は十分できます。

窓口で申し込み用紙をもらいハローワークカードを受け取ります。

そのあと、室内にあるパソコンを使用して求人を探します。

応募する求人が決まれば、ハローワークの担当者に渡します。

その場で企業に電話連絡をし、面接日を段取りしてくれることがほとんどです。

担当者が常時いるので、質問や不明点を気軽に聞くことができ安心です。

転職サイト

希望の企業や条件に合う企業を紹介してくれたり、面接のアドバイスをしたりしてくれるのが転職サイトです。

1つだけではなく、複数の転職サイトに登録することができます。

そのため、求人情報がたくさん入ってきたり、企業からスカウトがきたりするため選択肢が増えます。

転職サイトで探すのがおすすめ

転職サイトで求人を探す方法には、メリットがたくさんあります。

転職サイトには、エージェントと呼ばれる転職のアドバイザーがついてくれることが多いです。

そのため、面接時の注意点や自分に適した企業などを選んでもらえます。

自分では気づけなかった面接での欠点を、経験を活かしてアドバイスしてくれます。

また、企業との相性や、企業のメリット・デメリットをしっかりリサーチしてくれるサイトもあるので大変便利です。

複数のサイトに登録するのが面倒な方は、1社のみに登録を行い、逆に、幅広い選択肢から求人を選びたい方は複数のサイトを使い分けるといった方法もおすすめですよ。

特に不動産業界の転職は、専門的な知識も必要なため優秀な企業を選び出すのが難しくなります。

転職のアドバイスをしてくれるプロに任せて、失敗しにくい転職活動を行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、不動産業への転職先の探し方で悩んでいる方向けに、転職サイトで探すことのメリットやコツを解説しました。

ネットが主流になっている近年では、転職活動もネットを使った方が探しやすくなります。

みなさんも是非、転職サイトを使った転職活動にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

金融機関に10年勤務。2018年宅建士合格。不動産投資歴10年。マンション1棟、タワーマンション、一軒家投資2軒を経験。

目次
閉じる