不動産業界の平均年収とは?年収ランキング

不動産業界

不動産業界は激務になりやすいものの、平均年収が高いという印象を持たれやすい業界です。

実際にどのような企業が平均年収の高い会社なのか、大手不動産会社の平均年収を紹介しながら、不動産業界の平均年収について詳しく解説します。

不動産業界の平均年収

不動産業界の平均年収は同じ業界内でも職種によって若干異なります。

また、不動産会社によって固定給と歩合給の割合が異なるため、同レベルの販売成績でも会社によって年収が異なる場合があります。

特に、歩合の大きい会社の場合は大手不動産会社の2倍以上の年収を得ることも可能です。

まずは、各職種について理解していくとともに、それぞれの平均年収を確認していきましょう。

デベロッパーの平均年収

デベロッパーの平均年収は442万円程度です。

デベロッパーは不動産開発業者を指しており、主に都市開発やマンション開発といった大規模な事業を担っています。

事業規模が大きいこともあり、就活生からの人気も高く、不動産業界では花形ともいえる職種です。

デベロッパーの年収の上がり方は一般的なサラリーマンと似ており、勤続年数に応じて徐々に上がっていく企業が多く見られます。

大手企業で徐々に収入を上げながら長く勤めたいと考える人には、デベロッパーへの就職がおすすめです。

不動産仲介業者の平均年収

不動産仲介業者の平均年収は401万円程度です。

不動産仲介業者は、企業によって規模や業務内容も多岐に渡っています。

家を購入したい人に対して営業する不動産販売業や、アパートオーナーとアパートを借りたい人を繋ぐ賃貸仲介業も多数存在します。

不動産仲介業者は会社によって固定給と歩合給の割合が設定されており、歩合給の多い企業で結果を出すことができれば平均年収は簡単に超えることが可能です。

1R屋の平均年収

1R屋は「ワンルーム屋」の略称であり、主に投資用のワンルームマンション等の販売を行う職種を指します。

1R屋の多くは給与の5割以上が歩合給であることから、成果次第で高額の収入を得ることも可能です。

しかし、他の不動産会社と比べても極端に労働環境がハードな傾向が強く、常にノルマや目標と向き合う精神力が求められる職種でもあります。

成果次第では入社後すぐに1,000万円以上の収入を得ることもできるため、若いうちから高収入を目指している人には適した環境と言えます。

大手不動産会社の年収ランキング

大手不動産会社の平均年収は、サラリーマンの平均年収と比較してもかなりの高水準です。

大手の不動産会社ほど固定給の割合も高いことが多く、勤続年数を重ねていけば1,000万円以上の年収を手に入れられる可能性も高いです。

実際に、不動産会社の平均年収上位5社の平均年収と、企業の特徴について見ていきましょう。

1位:ヒューリック 

ヒューリックの平均年収は1,530万円程度です。

ヒューリックは、東証一部上場企業であり設立から60年以上が経過している中堅不動産会社です。

元々は「日本橋興業」という名前だった影響もあり、知名度はそこまで高くないことが特徴です。

事業としては主に都内の好立地を狙ってビルを建設し、賃料を稼ぐというビジネスを行っています。

業績も好調であることから、平均年収も不動産業界内でトップクラスとなっています。

2位:日本商業開発

日本商業開発の平均年収は1,368万円程度です。

日本商業開発は、物件を扱わずに土地に特化して不動産投資商品を提供する事業を行う会社です。

職員数も現時点で100名に満たない小規模な企業であることから、耳にしたことがないという人も多いかと思います。

また、土地を中心として不動産投資事業を主に行っているため、物件を在庫として保有する必要がなく、営業利益率も高いことが特徴です。

3位:三菱地所

三菱地所の平均年収は1,229万円程度です。

三菱地所は、誰もが耳にしたことがある大手デベロッパーです。

主に収益の柱として三菱地所を支えているのは丸の内のビル事業の賃料であり、営業利益の5割以上を捻出しています。

現在も複数のビル建設事業に参入していることから、今後も賃料ビジネスによって安定的に成長していくことが予想される企業です。

4位:東急不動産HD

東急不動産HDの平均年収は1,194万円程度です。

東急不動産HDは、開発事業や住宅事業を含め幅広い不動産分野で活躍している大手デベロッパーです。

都市開発においては渋谷を中心として事業を進めており、商業施設やオフィスビルの開発に力を入れています。

複数の事業を営んでいることから、入社後に不動産が関わるあらゆる分野の仕事を経験できる可能性があることも東急不動産HDの魅力と言えます。

5位:三井不動産

三井不動産の平均年収は1,112万円程度です。

三井不動産は、財閥系の大手デベロッパーであり、就活生からも毎年高い人気を集めている企業です。

日本国内の事業に限らず海外でも不動産事業を展開しており、収益内容も複数分野に分散していることから、幅広い事業を営んでいる企業であることが特徴です。

営業利益に関しても、同じ財閥系デベロッパーである三菱地所の数字を大きく超えており、今後も日本を代表するデベロッパーとして不動産業界をけん引すると考えられます。

まとめ

不動産業界の平均年収は、企業によって大きく異なることが分かりました。

特に、大手不動産会社の平均年収はいずれも1,000万円超えとかなりの高水準です。

しかし、不動産業界は歩合制である会社も多く、中小企業でも個人の活躍次第で大手企業以上の年収を得ることも不可能ではありません。

自分の成果に応じて年収を際限なく上げていきたいと考えている場合は、歩合制を採用している中小企業への就職も検討するようにしましょう。

関連記事