不動産業界に転職するためのスキル・資格とは?

不動産業界

不動産業界へ転職しようと考えている場合、いくつかのスキルが転職後に役立つ可能性があります。

この記事では、実際に不動産業界へ転職した後に活かせるスキルと資格について詳しく解説します。

不動産業界で活かせるスキル

不動産業界へ転職した場合、前職で習得したスキルを活かせる場面があります。

不動産業界への転職後は扱う商材が変わっても、自社の商品の魅力を伝えるという営業の基本は変わりません。

また、前職の経験によっては不動産業界で成功を収めることも可能です。

実際に、不動産業界で活かせるスキルについて詳しくみていきましょう。

コミュニケーション能力

前職で営業等の仕事をしていた場合、習得したコミュニケーション能力は不動産業界でも生かすことが可能です。

不動産業界へ就職した場合、入社する会社の規模に関わらずお客様の要望に答えて満足してもらう必要があります。

そして、お客様のニーズを引き出すためにコミュニケーション能力は必須です。

自然な流れでお客様が買いたいと思える物件を紹介できれば、成果は伸びていくと考えられます。

また、コミュニケーション能力があれば、会社外の人と案件について相談する際にも役に立ちます。

例えば、住宅ローンを組むことができるか判断しにくいお客様がいた場合にも、銀行に顔見知りの担当者がいれば簡単に相談することができます。

リサーチ能力

普段から色々なリサーチを行っていた人は、不動産業界に転職してもスキルを活かせる可能性が高いです。

不動産業界に就職すると、お客様の要望に応えるためにさまざまな物件の情報を提供する必要があります。

その際に必要となるのが、物件情報を集めるリサーチ能力です。

リサーチ能力が高ければ、より多くの情報をお客様に提供し、理想の物件を見つけてもらえる可能性が高まります。

また、自分自身で土地を探す際にも、直接現場に向かうだけでなく、リサーチの手段を持っていれば効率よく調査することが可能です。

自分が直接足を運ぶのは物理的にも限界があるため、効率よくリサーチする能力を持つことで、情報を素早く集めることができます。

不動産業界で活かせる資格

不動産業界に転職する場合、持っていると役に立つ資格をいくつか紹介します。

資格によって役立つ場面や、取得難易度は異なるものの、不動産業界で働く上で保有していて損をすることは絶対にありません。

また、資格を持っていることを示すことができれば、不動産業界で働きたいという本気度をアピールすることにもつながります。

実際に、どのような資格を活かすことができるのか詳しくみていきましょう。

宅建士

宅建士は、不動産業界で働くなら最も取得しておきたい資格です。

不動産の売買等を行う会社の場合、事業所ごとに一定の割合で宅建士が所属することが必要です。

よって、不動産会社としても宅建士の資格を持っている人の方が採用しやすいと言えます。

また、業務においても重要事項説明は宅建士にしかできないと、法律で定められています。

1人でできる業務の範囲が広がることから、資格を保有しているだけで手当がもらえる会社も多いため、余裕があれば積極的に取得することがおすすめです。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、一言でいうと不動産の価値をさまざまな情報に基づいて判断できる資格です。

不動産鑑定士の資格は実習を重視しており、試験に合格した後に実習期間を経て、再度試験に合格することで初めて不動産鑑定士を名乗ることができます。

不動産鑑定士の資格を取得することで、不動産に関する知識が豊富であることを示せることに加えて、価格に対して優良な物件等を自分自身で判断することもできるようになります。

社内でも宅建士と比べて取得する人は少ないことから、取得することで一目置かれるようになる可能性も高い資格です。

管理業務主任者

管理業務主任者は、不動産管理会社に所属して契約の説明や、管理状況のチェックを行うことができる資格です。

「主任者」という名前が付いていることからも分かるように、管理事務の報告や管理組合に対する指示といったマネージメントの役割が主な業務内容になります。

また、管理組合に対する説明や報告は管理業務主任者の独占業務であるため、資格を取得することで競争率の低い不動産関連の仕事に就くこともできるようになります。

取得難易度は決して低くないものの、幅広い専門知識を習得できる資格です。

まとめ

不動産業界は、専門的な知識やスキルが必要で転職しても活躍することは難しいと考える人がいるかもしれません。

しかし、実際は他業界の経験を活かせる場面も多く、勉強を積み重ねることができれば専門知識も身につけることが可能です。

不動産業界へ転職を検討している場合は、今の仕事に就いている間にできることを少しずつ積み上げていきましょう。

関連記事